銀行ローンとの違い

銀行ローンとの違い

キャッシングと銀行ローンにどのような違いがあるのかご存知でしょうか?

 

キャッシングと銀行ローンはどちらも同じ金融商品となっていますが、その性質には明確な違いがあります。

 

ここではキャッシングと銀行ローンの違いをいくつかピックアップしてみましたので、キャッシングの申し込みを検討している方はぜひチェックしてください。

金利の違い

キャッシングと銀行ローンの大きな違いとして挙げたいのが、金利です。

 

最近では低金利のキャッシングが増えてきているようですが、それでも銀行ローンの金利と比較するとまだまだ高い水準にあります。

 

したがって、金利が低い銀行ローンに申し込みしたほうが、利息の負担を抑えることができるでしょう。

融資限度額の違い

キャッシングと銀行ローンの違いとして、融資限度額が挙げられます。

 

一般的なキャッシングは融資限度額を数百万円に設定していますが、銀行ローンの中には融資限度額を1000万円以上と非常に高く設定されているものもありますので、銀行ローンのほうがよりまとまった金額の融資に適していると言えるでしょう。

審査の違い

キャッシングと銀行ローンには、審査に大きな違いがあります。

 

ほとんどのキャッシング審査は最短当日中に結果が分かりますが、銀行ローンの審査は結果連絡まで数日かかってしまう場合があるようです。

 

したがって、すぐにでもお金を借りたいのであれば、審査時間が短いキャッシングに申し込みすると良いでしょう。