カードローンとキャッシング違い

カードローンとキャッシング違い

カードローンとキャッシングは、厳密にいえば違いがあります。

 

最近ではカードローンとキャッシングは同じ金融商品としてみなされがちですが、キャッシングに申し込みする前にカードローンとキャッシングにどのような違いがあるのか把握しておいたほうが良いでしょう。

 

以下でカードローンとキャッシングの違いを説明していますので、参考にしてもらえたらと思います。

融資額の違い

カードローンとキャッシングの違いとして挙げられるのが、融資額の違いです。

 

カードローンは大口融資に対応しており、数百万円の融資にも対応しています。

 

一方、キャッシングは小口融資をメインとしているため、数十万円までしか融資を受けることができません

 

ただし、最近ではカードローンとキャッシングに明確な違いはなくなってきており、数百万円の融資に対応しているキャッシングも増えてきているようですので、審査に申し込みするにあたり、特に気にする必要はないでしょう。

返済方法の違い

カードローンとキャッシングの違いとして、返済方法が挙げられます。

 

上記でも説明しましたように、カードローンは大口融資に対応しているため、基本的な返済方法はリボルビング払いです。

 

一方、キャッシングの返済方法は基本的に一括払いとなっています。

 

ただし、最近ではほとんどのカードローンが一括払いでの返済にも対応していますし、ほとんどのキャッシングがリボルビング払いでの返済方法も採用していますので、大きな違いはないと見て良いかもしれません。