保証人は必要?

保証人は必要?

キャッシングの申し込みに保証人が必要と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

キャッシングは保証人なしで利用することができますので、知り合いやご家族などとの信頼が失われることがありません。

 

ただし、保証人なしで申し込みできるというメリットがある一方で、保証人が必要な金融商品と比較するとデメリットもあります。

 

以下で保証人ありの金融商品とキャッシングの相違点を挙げていますので、参考にしてくあさい。

保証人なしのキャッシングは金利が高め

保証人なしで申し込みすることができるキャッシングは、低い金利で利用することができます。

 

ただし、保証人ありの金融商品と比較すると、保証人なしのキャッシングの金利が高めです。

 

そのため、利息の支払い金額は高くなってしまいます。

保証人なしのキャッシングは限度額が低め

保証人なしのキャッシングのほとんどは限度額を数百万円に設定していますが、保証人ありの金融商品の限度額は数千万円に及ぶこともありますので、限度額の面では保証人ありの金融商品に分があると言えるでしょう。

 

しかしながら、通常の生活で数千万円ものお金が必要となるケースはほとんどなく、保証人を立てるというリスクを含めて考えると、保証人なしで申し込みすることができるキャッシングを利用したほうが良いかもしれません。

 

ちなみに、キャッシングは保証人だけでなく、土地や建物などの不動産を担保として預ける必要もありませんので、リスクを抑えながらお金を借りることができます。