信用情報機関の事故情報

信用情報機関の事故情報

キャッシング審査に申し込みしたら、キャッシング業者は信用情報機関に審査申し込み者の事故情報をチェックします。

 

事故情報とは、過去にキャッシングやクレジットカードなどの金融商品を利用し、支払いが滞ったことがある場合に記載される情報です。

 

ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは信用情報機関に事故情報が登録されている状態のことをいいます。

 

信用情報機関に事故情報が記載されている場合、その本人は信頼性が低いと判断されてしまいますので、キャッシングの審査に申し込みしても通過することはないでしょう。

 

以下、信用情報機関の事故情報について説明したいと思います。

信用情報機関の事故情報に登録される情報

信用情報機関の事故情報として登録される情報は、長期延滞、特定調停、個人再生、自己破産などとなっています。

 

長期延滞については、一般的には3ヶ月以上返済が滞った際に登録されると言われていますので、事故情報として登録されないためにも返済期日はしっかり守りましょう。

信用情報機関の事故情報は消える?

信用情報機関に登録されている事故情報は、一生残るというわけではありません。

 

事故情報が消えるまでの期間は信用情報機関によって、または事故情報の登録内容によって異なりますが、1年から10年程度が経過すれば消えるとされています。

 

ただし、事故情報が消えたかどうかは個人で確認することができないため、キャッシングの審査で落とされた時は事故情報がまだ信用情報機関に残っていると考えたほうが良いでしょう。


関連ページ

信用情報機関の借り入れ情報
キャッシングの審査に申し込みすると、キャッシング業者は信用情報機関の借り入れ情報で申し込み者の負債情報などをチェックします。
信用情報の勤続年数
キャッシングの審査では勤続年数を信用情報のひとつとして用いています。勤続年数が長いほどキャッシング審査に通りやすいようです。
信用情報に住宅ローンは関係ある?
キャッシングの審査では信用情報を調べられることになりますが、住宅ローンはキャッシングの審査に影響を与えると言われています。
信用情報のクレジットカード、ショッピング枠
クレジットカード契約中でも信用情報が傷つくことはなく、ショッピング枠を利用している方がキャッシング審査に申し込みしても、それだけで落とされることはほとんどありません。
信用情報のカード申し込み受付状況照会
キャッシング業者によっては信用情報のカード申込受付状況紹介サービスを提供している場合があります。審査申し込み後の進捗状況などを照会することが可能です。
信用情報にどんな個人情報が必要?
キャッシングの審査に申し込みする際には、信用情報のひとつとして自宅の住所や電話番号など個人情報を提出する必要があります。
消費者金融ブラックとは?
消費者金融ブラックとして信用情報機関に登録された場合、キャッシングの審査に申し込みしても通る可能性はありません。
事前審査、試し審査
キャッシングの事前審査および試し審査は信用情報を気にせず利用することができますが、事前審査および試し審査で合格した場合、本審査に申込みしても必ず通るというわけではありません。
源泉徴収表は必要?
キャッシングの審査に申し込みする場合、基本的には信用情報のひとつとして源泉徴収票を提出する必要がありますが、場合によっては源泉徴収票不要でキャッシングできることもあります。
専業主婦でも審査に通る?
専業主婦でも条件を満たしていればキャッシングの審査に通る可能性がありますので、審査申し込みを検討している専業主婦の方は条件を確認してください。
パートでも審査に通る?
パートでも毎月安定した収入があるなどすればキャッシングの審査に通る可能性が高いとされていますので、ぜひ申し込みしてみてください。
学生でも審査に通る?
学生でも満20歳以上、かつアルバイトなどで毎月安定した収入を得ていれば、キャッシングの審査に申し込みすることができます。
年収は関係ある?
キャッシングの審査に年収は関係しています。年収が全くない場合、キャッシングの審査に申し込みしても落ちてしまうでしょう。