信用情報の勤続年数

信用情報の勤続年数

キャッシングの審査を受ける際には、勤続年数もチェックされることになります。

 

これは、勤続年数は信用情報のひとつとして用いられることになりますが、それほどキャッシングの審査においてはそれほど重要ではないともされているようです。

 

ただし、キャッシングの審査に申し込みする際には、少なくとも1年以上の勤続年数があったほうが良いでしょう。

 

以下で勤続年数とキャッシングの審査について説明したいと思いますので、参考にしてください。

勤続年数が長いほどキャッシング審査に通りやすい

キャッシングの審査は、勤続年数が長ければ長いほど通りやすいと言われています。

 

どれくらいの勤続年数があるとキャッシングの審査に通りやすいかは明らかになっていませんが、3年以上の勤続年数をお持ちの方がキャッシングの審査に申し込みすれば、比較的通りやすいでしょう。

 

ただし、キャッシングの審査項目は勤続年数だけではありません

 

その他にも年収などさまざまな審査条件がありますので、勤続年数が長いということだけで受かることはないでしょう。

勤続年数が短くてもキャッシング審査に通ることも

勤続年数が短い方がキャッシングの審査に申し込みした場合、信用情報が低いと判断され、落とされる可能性が高いと言われています。

 

しかしながら、勤続年数が短いケースでも年収が高かったり、大手の企業に勤務していたりすれば、信用情報が高いと判断され、キャッシング審査に通る可能性が高くなるようです。

 

勤続年数が短い方は、まずはキャッシング業者が提供している審査シミュレーションで試してみると良いでしょう。


関連ページ

信用情報機関の借り入れ情報
キャッシングの審査に申し込みすると、キャッシング業者は信用情報機関の借り入れ情報で申し込み者の負債情報などをチェックします。
信用情報機関の事故情報
キャッシングの審査に申し込みしたら、キャッシング業者は信用情報機関の事故情報をチェックし、過去の債務状況などを確認します。
信用情報に住宅ローンは関係ある?
キャッシングの審査では信用情報を調べられることになりますが、住宅ローンはキャッシングの審査に影響を与えると言われています。
信用情報のクレジットカード、ショッピング枠
クレジットカード契約中でも信用情報が傷つくことはなく、ショッピング枠を利用している方がキャッシング審査に申し込みしても、それだけで落とされることはほとんどありません。
信用情報のカード申し込み受付状況照会
キャッシング業者によっては信用情報のカード申込受付状況紹介サービスを提供している場合があります。審査申し込み後の進捗状況などを照会することが可能です。
信用情報にどんな個人情報が必要?
キャッシングの審査に申し込みする際には、信用情報のひとつとして自宅の住所や電話番号など個人情報を提出する必要があります。
消費者金融ブラックとは?
消費者金融ブラックとして信用情報機関に登録された場合、キャッシングの審査に申し込みしても通る可能性はありません。
事前審査、試し審査
キャッシングの事前審査および試し審査は信用情報を気にせず利用することができますが、事前審査および試し審査で合格した場合、本審査に申込みしても必ず通るというわけではありません。
源泉徴収表は必要?
キャッシングの審査に申し込みする場合、基本的には信用情報のひとつとして源泉徴収票を提出する必要がありますが、場合によっては源泉徴収票不要でキャッシングできることもあります。
専業主婦でも審査に通る?
専業主婦でも条件を満たしていればキャッシングの審査に通る可能性がありますので、審査申し込みを検討している専業主婦の方は条件を確認してください。
パートでも審査に通る?
パートでも毎月安定した収入があるなどすればキャッシングの審査に通る可能性が高いとされていますので、ぜひ申し込みしてみてください。
学生でも審査に通る?
学生でも満20歳以上、かつアルバイトなどで毎月安定した収入を得ていれば、キャッシングの審査に申し込みすることができます。
年収は関係ある?
キャッシングの審査に年収は関係しています。年収が全くない場合、キャッシングの審査に申し込みしても落ちてしまうでしょう。